本文へスキップ

リュージュオルゴール日本公式サイト

電話でのお問い合わせはTEL.03-5155-6104

〒162-0041 東京都新宿区早稲田鶴巻町530

オルゴールの種類について

 オルゴールにはどんな種類がありますか?

オルゴールには、シリンダーオルゴールとディスクオルゴールの2種類の機械があります。リュージュオルゴールはシリンダーオルゴール。ポーターオルゴールはディスクオルゴールです。



 シリンダーオルゴールとディスクオルゴールの違いはなんですか?

シリンダーオルゴールは、筒状のシリンダーを回転させて演奏します。シリンダーに植えられている細かなピンを弾いて演奏しますので、繊細な音色が特徴です。ごく一部の商品を除き、曲の交換はできません。一方、デイスクオルゴールは、レコード盤の様なデイスク盤を回転させて演奏します。鉄板素材の突起を弾いて演奏しますので、ダイナミックな音色が特徴です。デイスク盤を交換することにより、たくさんの曲が楽しめます。



 シリンダーオルゴールは、どういう仕組みで鳴るのですか?

円筒状の形をした部分は「シリンダー」と呼ばれています。このシリンダーには、音符の役目をするたくさんのピンが埋め込まれています。櫛のような形をした部分は「櫛歯」または「コーム」と呼ばれ、歯の1つ1つにはいろいろな音階がついています。ゼンマイの力でこのシリンダーが回転し、シリンダーに埋め込まれたピンが音階のある櫛歯を弾いて音を奏でます。



@ シリンダー:この円周上にピンがメロディーに合わせて植えられています。

A コーム:櫛歯()の枚数が多いほど豊かな音色になります。            

B ガバナー:回転速度が一定になるように調整する機構部です。           


C ゼンマイ:シリンダーを回転させる動力源です。底のキーで巻き上げます。     


D ベース:共鳴体といわれる台座で、ビビリの発生しない剛性が要求されます。    
 



 「弁」とはなんですか?

「弁」とは櫛歯の本数のことです。櫛歯には1本1本にそれぞれ音階がつけられていますので、弁数が多いほど音の数も増え、音楽としての魅力が増します。リュージュオルゴールには「17弁」「18弁」「22弁」「36弁」「72弁」「144弁」という弁数の種類があります。



 シリンダーと櫛歯を入れ替えることはできますか?

入れ替えることはできません。櫛歯はシリンダーと一対になっています。一つの曲に付き、必要な音だけが櫛歯に組み込まれています。ピアノのように、ドレミファソラシドという全ての音が順番通りに並んでいるわけでは無く、曲毎に必要な音を組合わせているため、仮にシリンダーと櫛歯を入れ変えたとしても、音楽として成立しなくなってしまいます。



 72弁のオルゴールは「3曲演奏」となっていました。1本のシリンダーでどのように3曲演奏するのですか?

72弁以上のオルゴールで「CH(チェンジ)」と記載されたものは、シリンダーは1回転で1曲演奏します。1回転終えると、シリンダーは右に0.2ミリ移動し、次の曲を演奏します。こうして3曲目の曲を演奏し終えると、シリンダーの脇にあるスプリングを利用して1曲目の位置に戻ります。よって3曲入りのオルゴールが1曲を演奏しているとき、櫛歯と櫛歯の間には次の2曲分のピンが通り抜けて行く精密な構造になっています。



    

 種類がたくさんあってどのように選んでいいのか迷ってしまいます。

弁数が多くなるほど、櫛歯の音数も増え、音色にボリュームが出てきます。リュージュオルゴールの素晴らしさを実感していただくには、72弁以上がおススメです。また、BOXの素材も音色に関係します。木のBOXは、低音部分がしっかりと響き重厚感のある音色、ガラスBOXは、高音部分が澄み切ったきれいな音色として響きます。また、72弁にあっても144弁にない曲、144弁にあっても72弁にない曲もありますので、曲を優先して選ぶとおのずと弁数も決まってきます。まずは、弁数の違いやBOXの響き方の違いなど、いろいろと聴き比べてご自分に合ったオルゴールを選ばれるのが一番です。リュージュ東京ショールームでは、常時、約100台のオルゴールを聴き比べしていただける環境を整えております。完全予約制ですので、ご来場希望の際はお電話でご予約の上、お気軽にお越しください。 TEL 03-5155-6104



 同じ弁数で同じ曲でも、音の響き方が全く違って聴こえるものがありますが。

同じ木のBOXでも、木の材質、大きさ、形などによって音の響き方は異なります。また、全く同じBOXでも、リュージュオルゴールは1mm以下の範囲で音の変化を生みますので、個体差が生じます。特に、ピンと櫛歯の接触部の重なりでも音が変化します。各個体に最適なチューニングを1台1台行っています。



 定期的なオーバーホールは必要ですか?

何年に一度など、定期的なオーバーホールは必要としません。ご使用中に、何か違和感等を感じましたら修理についてご相談ください。



 日頃のお手入れ方法や注意事項はありますか?

置き場所は、直射日光が当たる場所や高温多湿になる場所はお避け下さい。また、オルゴールは機械物ですので、大事に仕舞い込んで聴かないのではなく、最低でも2週間に1度はお聴きください。お掃除は、機械部分には触らないようにして、柔らかく乾いた布で埃を払ってください。



 保証期間はありますか?

リュージュオルゴールは、国際保証書に基づき、通常使用において2年間保証いたします。但し、落下などによる破損、衝撃を与えたもの、保存状態の悪いもの、改造品等は保証対象外となります。



 保証を有効にするには登録が必要ですか?

同梱の取扱説明書に、登録サイトからシリアルナンバーの入力後に保証がスタートする旨の文言が記載されていますが、現在、日本語対応のサイトが完成していないため、シリアルナンバーのご登録は不要となっております。ご購入時にカード型の保証書が同梱されていますので、そちらにご購入店舗印とご購入日が記載されていましたら、そのカードにて保証対象と なります。



 音が鳴りません。

ゼンマイはきちんと巻かれていますか?オルゴールの底面にあるゼンマイを時計回りに巻いてください。※上巻き式ゼンマイの場合は、時計と逆方向に巻いてください。



 ゼンマイを巻いても音が鳴りません。

スタートボタンはスライドさせていますか?36弁のボックスタイプ・72弁オルゴール・144弁オルゴールは、前面にスイッチボタンがあります。ゼンマイを巻き、スイッチボタンを動かしても動作しない場合は、修理ご相談ください。


スタートボタンは引いていますか?36弁のアクリルタイプ・オルゴールベルは、底面にスイッチボタンがあります。ゼンマイを巻き、スイッチボタンを引いても動作しない場合は、修理ご相談ください。

    

 オルゴールの修理をお願いしたいのですが。

保証期間内(ご購入日より2年間)の場合⇒ご購入いただいた販売店様へご依頼ください。
※保証書が無い場合は、保証対象外となりますのでご注意ください。

保証期間外(ご購入日より2年以降)の場合⇒リュージュ東京ショールームへご依頼ください。対象商品は、リュージュオルゴール、ポーターオルゴール、アンティークオルゴールです。国産オルゴール等の修理は承っておりませんのでご了承ください。



 リュージュオルゴールの修理を依頼したいのですが、どうすればよいですか?

修理はリュージュ東京ショールームにて承っております。修理のご依頼についての手順は、こちらのページをご覧ください。



shop info店舗情報

リュージュ販売株式会社

〒162-0041
東京都新宿区早稲田鶴巻町530
TEL.03-5155-6104
FAX.03-5155-6134